セラミドは、保湿効果を高める成分として基礎化粧品などに多く使われており、乾燥肌の改善に効果を発揮します。

セラミドは、数ある美容成分の中でも、特にお肌の保湿力アップに高い効果があるものだと言われています。セラミドは細胞間脂質を構成する成分で、不足をすると肌のバリア機能が低下をします。

肌のバリア機能が保たれていることで水分が皮膚から逃げ出さないようになっています。バリア機能が落ちると肌は乾燥しやすくなります。セラミドが含まれている基礎化粧品を選ぶ時には、できるだけ、ヒト型セラミドを使っている商品にしましょう。

人間の肌にあるセラミドとよく似た構造を持っているヒト型セラミドは、保湿能力の高さが評価されています。セラミドが使われている基礎化粧品を使うだけでなく、正しい扱い方で肌をケアすることが、乾燥肌対策になります。

皮膚と、手とで摩擦が起きるとお肌に負荷がかかってしわやしみの原因になりますので、肌を扱う時には優しく触れるように心がけましょう。

スキンケアをする際には、バリア機能の低下を防ぐために、肌をこすらないようにしましょう。コットンを使って化粧水をつける人もいますが、質感が皮膚への負担になったり、うっかりこすってしまうことがあります。

化粧水をつける時はまず手のひらにつけて、押しつけるようにして化粧水の保湿成分を皮膚へと染みこませます。日々のスキンケアを工夫することで、乾燥肌予防をおこなうことが可能になります。